顔の形にあったフレームを選ぶ

面長・丸顔の人にあうフレームって?

新しくメガネを買う時は、顔の形にあったフレームを選ぶようにしましょう。自分の顔の形にあったフレームを選べば、顔が細く見えるなどのメリットがあります。例えば面長の顔の人には、ボストンやウェリントンなどの、縦幅が長いタイプのフレームがおすすめです。顔の長さを自然とカバーしてくれますよ。また、面長の方はシャープな形のフレームも似合うので、バレルフレームもおすすめです。丸顔の人は柔らかな印象を与えやすいので、思い切ってかっちりした雰囲気のスクエアのフレームがぴったりです。角ばったフレームが顔のラインをシャープに見せてくれます。このほか、ウェリントンのフレームも顔をすっきりと見せてくれやすいです。逆に柔らかな印象を生かしたい時には、リムレスのフレームが向いています。

四角顔・三角顔の人にあうフレームはこれ

四角顔の人はかっちりとしてクールな印象を与えやすいタイプです。フレームは丸いラウンドやオーバルなど、優しい雰囲気を持つものがぴったりですよ。オーバルのフレームは目立ちやすいので、クールなフェイスラインを強調せず、自然と優しげに見せてくれます。また、ハーフリムのフレームも目線を上部に留めてくれるのでぴったりです。三角顔の人に似合うフレームは、オーバル、バレル、ラウンドなどの丸みを帯びたタイプです。横幅が広いフレームを選べば、頬に視線が集まってシャープなフェイスラインをカバーしやすくなります。フレームの太さは細身のタイプのものがおすすめで、柔らかで穏やかな印象を与えてくれやすいです。自分の顔の形にあったフレームを選んで、お洒落にメガネを使いこなしましょう。