メガネの価格帯について

品質やブランドによって大幅に変わるメガネの金額

オシャレのアイテムとしても使用されるメガネはデザインも大事ですが、購入時に一番気になるのは金額でしょう。2016年に発表されたデータによると、フレームとレンズ一式を合わせたメガネの平均販売価格は単焦点では2万1000円くらいで、遠近両用メガネなどの累進多焦点では3万8000円くらいになっています。ただし、メガネの価格帯は幅が広く、5000円以内で購入できる商品があるのに対して、10万円以上するものもあります。レンズやフレームなどの品質の違いやブランドなどによって金額に差が出てくるのですが、だいたい3万円台から4万円台くらいが一般的なメガネの金額だといえるでしょう。基本的には金額が高くなるにつれてフレームやレンズなどの品質は良い物になるのですが、他にも重要な要素があります。

同じ品質でも販売店によって異なるメガネの価格

メガネの価格は、販売店のビジネスモデルによっても左右されます。販売店が自社工場を持っているかいないかでも、メガネの価格は大きく変わるといえるでしょう。製品の企画から開発、生産までを一元化することができる自社工場を持つことは、コストの抑制につながるのです。また、必要なときに必要な分のみを生産することができるので、品質管理もしやすくなるというメリットも生まれます。その他には、店舗数が多いチェーン店ではメガネの価格が安くなるという傾向があります。取り扱う商品が多くなるとレンズなどの部品の仕入数も多くなるため、良質の材料を大量に仕入れることによって、他のチェーン店よりも価格を抑えて販売することが可能になるのです。良質のメガネを選ぶ際には、金額のみではなく、レンズやフレームの性質をよく理解しておくと良いでしょう。

眼鏡は繊細な器具であり、丁寧に取り扱わないと破損する場合があります。つるは慎重に持ち、レンズが汚れた時は専用のクロスで拭きましょう。